アメリカのドラッグストアを検証し、日本のドラッグストアにあう多彩なプログラムを提案します
Excell-K ドラッグストア研究会

研究会研究会ご案内
研究会研究会ご案内研究会セミナー日程研究会セミナー日程
松村清松村清プロフィール
ご案内 研究会事務局
レポート最新USレポート

USレポートアーカイブ     最新USレポートに戻る
 2008年
 
2008年12月
「お客様に好かれる陳列の工夫」
2008年11月
「顧客の信頼を獲得するなら屋作り」
2008年10月
「有効なマーケティング手法になる音と香り」
2008年 9月
「ゴールデンエイジ攻略の鉄則」
2008年 8月
「少子高齢化のマーケティング」
2008年 7月
「非計画購買が店舗に売上げ・利益をもたらす」
2008年 6月
「ウォルグリーンが激しい異業態間競合を生き残れた理由」(PartU)
2008年 5月
「ウォルグリーンが激しい異業態間競合を生き残れた理由」(PartT)
2008年 4月
「心理学を応用した利益を上げる売り場レイアウト」
2008年 3月
「常に目新しい発見がある店に顧客は引かれる」
2008年 2月
「こんなレイアウトが買いやすい」
2008年 1月
「売上げ・利益を上げる買い物かご効果」
 2007年
 
2007年12月
「強い店作りは“1 Best, 1 Better, 3 Average”のハロー効果狙い」
2007年11月
「売上げに大きな影響を持つ色 ・・・ “Power of Color”」
2007年10月
「閉園が検討された旭山動物園を超人気動物園に変身させた五感訴求」
2007年 9月
「サプリメント」
2007年 8月
「2006年度のウォルグリーンの実績 (Part II」
2007年 7月
「2006年度のウォルグリーンの実績 (Part I)」
2007年 5月
「米国の医薬品卸売り業」
2007年 4月
「最近の米国の消費者の選ぶ業態とその理由」
2007年 3月
「最近の米国調剤薬市場概況(PartU)」
2007年 2月
「最近の米国調剤薬市場概況(PartT)」
2007年 1月
「拡大するロハス層とその人たちに愛されるお店」
 2006年
2006年12月
「近年の米国小売業の概況」
2006年11月
「最新のCVS及びライトエイドの状況」
2006年10月
「北米ドラッグストア業界2005年の業績及び2006年の展望」
2006年 9月
「ドラッグストアにおける最新のビューティーケア」
2006年 8月
「最近の米国大衆薬及びヘルスケアカテゴリー」
2006年 7月
「市場が広がるジェネリック薬」
2006年 6月

「2005年度のウォルグリーンの実績」 (パート2)

2006年 5月
「2005年度のウォルグリーンの実績」 (パート1)
2006年 4月
「成長をするプライベートブランド」
2006年 3月
「ユニークなコミュニティファーマシー」
2006年 2月
「米国リージョナルチェーンの最新情報」
2006年 1月
「損得より人命救助第一の米国ドラッグストア」
2005年12月
「米国リージョナルチェーンの最新情報」
2005年11月
「2004年米国大手チェーンの現状」
2005年10月
「北米ドラッグストア業界2004年の業績及び2005年の展望」
2005年 9月
「問題視されるチェーンドラッグ薬剤師と患者の親密度希薄化」
2005年 8月
「米国調剤薬市場最新情報」
2005年 7月
「ビーティーケアを差別化の武器として使い始めた米国のドラックストア」
2005年 6月
「2004年度OTC市場」
2005年 5月
「2004年度ウォルグリーンの実績」(パート2)
2005年 4月
「2004 年度のウォルグリーンの実績」(パート1)
2005年 3月
「活躍する米国医薬品卸売業」
2005年 2月
「レジ前陳列の強化に努める米国のドラッグストア」
2005年 1月
「調剤客のヘルスケア商材購入に努力する米国のドラッグストア」
2004年12月
「倒産の危機から這い上がってきたライトエイド」
2004年11月
「成長する全米No.2のチェーンドラッグCVSの業績」
2004年10月
「2003年度米国チェーンドラッグのランキング」
2004年 9月
「ドラッグストア業界2003年の業績と新しい取り組み」
2004年 8月
「最近のプライベートブランドの動向」
2004年 7月
「肥満に対する対策」
2004年 6月
「29年連続増収増益を記録したウォルグリーン」
2004年 5月
「高い顧客満足度で活躍する独立ドラッグ店」
2004年 4月
「最近のドラッグストアにおけるビューティーケアの動向」
2004年 3月
「最近のドラッグストアにおけるOTC及びヘルスケアの動向」
2004年 2月
2002年度米国ドラッグストアにおける調剤薬市場の動向
2004年 1月
「米国のトップドラッグストアの状況」
2003年12月
「米国のおけるOTC販売事情と、自由化後の日本のOTC市場」
2003年10月
「ドラッグストア業界2002年の業績と新しい取り組み」(2)
2003年 9月
「ドラッグストア業界2002年の業績と新しい取り組み」(1)
2003年 8月
「業績回復の著しいエカード(Eckerd)」
2003年 7月
「米国のNo.2ドラッグストアCVSの現状」
2003年 6月
「最新のウォルグリーンの実績」(パート2)
2003年 5月
「最新のウォルグリーンの実績」(パート1)
2003年 4月
「最近のオルターナティブメディシン」
2003年 3月
「ウィメンズヘルス&ストレスフリー商品」
2003年 2月
「フォーマット変更に躍起なドラッグストア及びファーマシー」
2003年 1月
「チェーンドラッグのビューティーケアに対する挑戦(ファイティングバック)」

ページの先頭へ

Copyright (C) Drugstore-Kenkyukai. . All Rights Reserved.