アメリカのドラッグストアを検証し、日本のドラッグストアにあう多彩なプログラムを提案します
Excell-K ドラッグストア研究会

研究会研究会ご案内
研究会研究会ご案内研究会セミナー日程研究会セミナー日程
松村清松村清プロフィール
ご案内 研究会事務局
レポート最新USレポート

PDFファイル

最近の米国ドラッグストアはフロントエンド売り場(調剤薬以外の売り場)に大変力を入れている。下記の商品構成表からも分かるように、2012年度のドラッグストアは調剤薬が64.3%の販売構成比を占めているが、数年前には70%を超えていたのがここまで落ち、逆にフロントエンドが構成比を伸ばしている。今後フロントエンドの構成比は現在の36%から50%を目指していくと考えられている。フロントエンドに力を入れている状況を述べてみよう。
【チェーンドラッグストア商品構成】(2012年度)
カテゴリー
売上金額
(億ドル)
構成比(合計)
(%)
構成比(調剤除く)
(%)
調剤薬
1682
64.3
-
OTC&ヘルスケア
288
11.0
30.8
食品
275
10.5
29.4
パーソナルケア
152
5.8
16.2
化粧品/フレグランス
81
3.1
8.7
消耗雑貨
68
2.6
7.3
ジェネラルマーチャンダイズ
52
2.0
5.6
事務用品/文房具
18
0.7
2.0
合計
2615
100.0
100.0



まず、店のコンセプトをHBC(ヘルス&ビューティーケア)ストアからHDL(ヘルス&デイリーリビング = デイリーリビングという毎日の生活に必要な商品の品揃え)ストアに転換し、フード(ファーストフード、イートイン機能、野菜・果物、リカー、各種ジュース、焙煎したてのコーヒー、アイスクリーム、シェイク)の強化、魅力的なビューティーケア売り場そしてウエルネスに焦点を当てたヘルスケア売り場作りをし、フロントエンドが非常に魅力的になっている。
かつてのドラッグストアのプロトタイプは、調剤専門店にコンビニエンスストアがついたスタイルであった。しかし現在はフードに力を入れ、構成比でOTCに次いで第3位だが、近い将来OTCを追い抜くのは間違いない。1960年代のドラッグストアは、店内にファストフード機能を持つソーダファウンテンコーナーがあり、それらを入れて食品合計で全体の3割近くの販売構成比を持っていた。現在のフードの強化は50〜60年前のドラッグストアのスタイルに戻りつつあるのだ。全米第2位のドラッグストアCVSでは食品を強化したアーバンクラスタースタイルに改装した店舗は粗利益が9%も増加している。


食品の強化と同時に力を入れているのが、ウエルネスアプローチだ。オーガニックやグルテンフリーの食品や飲料、ホメオパシーメディシン(極度に希釈した成分を投与することによって体の自然治癒力を引き出すという思想に基づいて病気の治癒を目指す行為で、同種療法、同毒療法と呼ばれる)、パーソナルケア、介護・看護用品、ライトフィットネス商品、サプリメント、ペットビタミンの品揃えやカウンセリングを強化している。ライトエイドではポイントクラブに加入している人は、500ポイントでヘルスチェックを受けられる。またインストアクリニックを強化してヘルスケアのワンストップショッピング機能を強化している。そのような状況の中での新しい取組みを紹介しよう。
a) ライトエイドのオムニチャネル・ビジョンケアセンター
ライトエイドのウエルネスコンセプトストアでは、インターアクティブな「ビジョンセンターキオスク」を店内に設置している。そこでメガネのフレームを選択し、機械で視力を測り、メガネの処方箋を出してもらい、それに応じてレンズ(コンタクトレンズも含む)をオーダーし、家に郵送してもらう仕組みだ。このキオスクを調剤室コーナーのそばに設置してあるので、薬剤師とも相談し易いし、顧客の滞店時間も長くなる。またネットで選択したメガネフレームは、試用のために家に4組送ってもらうことも出来る。
b) ウォルマートのヒューマナ・バイタリティプログラム
ウォルマートは2012年秋にヒューマナ・バイタリティ(Humana Vitality)とバイタリティ・ヘルシーフードプログラムに関してのパートナーシップを結んだ。このプログラムに参加しているメンバーは、定期的なエクササイズ、減量、健康に良い食べ物の摂取をするとポイントがもらえる。これらのポイントはホテルの宿泊券、映画の入場券や商品と引き換えることができる。またヒューマナ・バイタリティメンバーは、ウォルマートの「グレート・フォー・ユー」アイコンで選択された商品を購入すると、購入金額の5%のポイントがもらえ、次回のショッピングから使える。このようにヘルスケアペイヤー(保険会社など)が小売業と組んで、加入者を健康的な生活に導くプログラムを導入し始めている。
c) ウォルグリーンの無人・有人カウンセリング
人は風邪やインフルエンザから更年期障害に至るまで様々なヘルスケアの問題を抱えている。ウォルグリーンはそれらの問題の解決方法に関して色々な方法で答えている。代表的な疾患の症状と対応方法を記した小冊子が調剤室前やエンド脇に設置されている。OTCコーナーではテレビスクリーンで解決方法を知らせている。また簡単な怪我などへの対処方法は、QAPOPを使用して3ステップで答えている。対面で相談に乗って欲しい場合は、薬剤師が、そしてもっと専門的なことになるとインストアクリニックの上級看護師や、提携している米国で最も信頼の高いメイヨクリニックのヘルスケアの専門家が対応している。
d) ソロヘルスは小売店舗にヘルス・スクリーニング機器を設置
ヘルスケアテクノロジー会社のソロヘルスは、セルフサービスヘルスキオスクをスーパーマーケット最大手のクローガーやウォルマートなど大手小売業の中に設置し始めている。
人々は糖尿病、肥満、高血圧、骨粗鬆、視力、聴力などのチェックをその機器ですることが出来、その結果とフォローアップケアの方法が書類で渡される。すでに2千万人以上の人々がこのキオスクを利用しており、今後さらに増加すると予測されている。


数年前までは化粧品コーナーの成長は、メーカーや小売業のパッケージ戦略やキャンペーンによるところが大きかった。しかし近年はテクノロジーの発達によって大きな変化が見られ、店内のビューティー体験が大きな要素となっている。調査によると、60%の人々はビューティーとパーソナルケア商品をオンラインで購入したと答えているが、オンラインで購入出来るようになると、人々は店舗におけるビューティーケアの買い物に対してより多くのこと、つまり体験を求めるようになっている。そのためドラッグストアも単に商品を並べているだけでなく、店における体験そして店の雰囲気を大事にせざるを得ないのだ。
そのため、ビューティーのデスティネーションストアたるための高価格帯の品揃え、照明や鏡をふんだんに活用した素敵なアップスケールの装飾、プロのコスメティシャンによるカウンセリングサービス、ネイルサロン、ヘアサロンやメークアップサロンの設置、そして自分の肌診断が出来る機器やバーチャルメイクオーバー機器(自分の顔をスクリーンに映し出し、試してみたい商品をスキャンするとスクリーン上の自分の顔にその化粧品を使用した姿が映し出される)が設置され、体験した上で購入出来るようにしている。またウォルグリーンのルックブティックコーナーを展開している店舗によっては、店内にcosmetic.comの機能を壁面に設置し、店内に無い商品をこのサイトを活用して購入できるようにしている。また化粧品専門店のセフォラも、店舗によってはスキンケアIQキオスクが設置され、顧客に最も合った商品が見つけられるようなテクノロジーを導入している。

 

 ページの先頭へ

Copyright (C) Drugstore-Kenkyukai. . All Rights Reserved.