アメリカのドラッグストアを検証し、日本のドラッグストアにあう多彩なプログラムを提案します
Excell-K ドラッグストア研究会

研究会研究会ご案内
研究会研究会ご案内研究会セミナー日程研究会セミナー日程
松村清松村清プロフィール
ご案内 研究会事務局
レポート最新USレポート

 

PDFファイル

2008年9月の証券会社リーマンブラザーズショック以後、米国の経済は急速に底なし沼のような不況に突入した。その後徐々に回復をしているがそのペースはゆっくりとしたものだ。その要因としては、回復が遅れている住宅市場、原油等の価格アップ、8%台という高止まりの失業率、政府の緊縮予算、弱い輸出市場、そしてヨーロッパ危機などがあり、2014年までは本格的な景気回復はないだろうと言われている。そのため消費者は消費に対して非常に慎重で、2012年のGDPの伸びは2011年の1.7%よりは良いものの2.1%程度、そして2013年は2.4%と予測されている。GDPの71%を占める一般消費の拡大が今後の小売業成長のカギだ。

【世界銀行による実質国内総生産(GDP)伸び率の見通し】
(12年6月12日発表)
2012年
2013年
世界全体
2.5%
3.0%
米国
2.1%
2.4%
ユーロ圏
▲0.3%
0.7%
中国
8.2%
8.6%
日本
2.4%
1.5%

不況による財政上の圧迫は強く、消費者はショッピングパターンを変え、高額ブランドを回避し、購入量を抑えて必要不可欠商品のみのショッピングとなった

消費者行動
%
店に入るとセール価格商品を探す
82
チラシを注意深く見るようになった
69
価格をより重要視する
65
より安い価格を求めて、店舗を見てまわる
59
安い価格を求めて大量購買する
30
クーポンを集め、他の人と必要なクーポンを交換し合っている
34

そして、店舗で品物を見てから買い物はアマゾン等のネットでするスタイルも普及し、店舗が「ショールーム化」(ショールーミング)している。


主要小売業3業態の中で、ディスカウントストアは売上げ金額で5.7%、既存店ベースで3.6%、ドラッグチェーンは全体で5.7%、既存店で3.5%成長とほぼ同じような成長を示した。一方、スーパーマーケットは全体で3.0%、既存店舗で1.6%の成長と一番低かった。かつて小売業は全て「ウォルマートとの戦い」であった。しかし近年は「アマゾンとの戦い」に変わってきている。品揃えの多さはアマゾンンの方が遥かに多く、超大型店の売り場は無用の長物となってきており、「ビッグボックス(大型店)の死」という言葉が誌面を飾るようになっている。
業態別にみると、ディスカウントストアは食品・ジェネラルマーチャンダイズ・消耗雑貨・HBCそしてファーマシーを取り入れることと、その低価格により成長を続けたものの以前の勢いは無い。米国一の小売業であるウォルマートはスーパーセンターの飽和により、ウォルマート・ネイバーフッド・マーケット、ウォルマートエキスプレス(フードデザート地帯へ200坪程度の店を実験的に展開)、ウォルマート・オン・キャンパス(学校内)という新たなフォーマットの開発を通してさらなる成長を模索している。勿論これらのフォーマットには調剤機能が取り入れられるので、調剤市場はさらに激戦となる。またウォルマートはウォルマート・ネイバーフッド・マーケットのブランド再構築を考えており、いずれウォルマートマーケットに統一して、700坪〜1900坪程度の店を展開していく。住宅立地や街中立地に出店する戦略は、伝統的にそれらの立地を得意としてきたドラッグストアやスーパーマーケットとぶつかり、これらの業態にとっての脅威になっている。ウォルマート・オン・キャンパスフォーマットはアーカンソー大学の中に作られたが、予測を遥かに超える好結果を出している。ターゲットは大型店では食品を強化したPFreshフォーマットを、そして街中ではサイズをスケールダウンしたシティ・ターゲットを強化している。
スーパーマーケット業態の低い成長は、他の業態が顧客の来店頻度を上げるためにこぞって食品を強化していることと、低価格性と近場の便利性を求めている消費者ニーズに十分対応出来なかったことによる。近年の消費者はよりクーポンを使用するようになっており、価格重視になっている。この傾向は景気が回復しても続くと見られている。そのため最近のスーパーマーケットはバリューミールコンセプトで消費者にディスカウントを強力に訴求している。そのような環境下、スーパーマーケットは成長のために現在約10%の市場シェアを持つ調剤に力を入れている。スーパーの中で一番調剤が強いのはクローガー(調剤の売上げは70億ドル)で、全小売業の中で調剤売上げランキング第6位の位置にある。また健康と環境に関心の高いスーパーの代表格であるホールフーズマーケットや小型店で低価格志向のトレーダージョー等は好業績を継続した。

【マスマーケット小売業2011年業績】
項目
スーパーマーケット
ディスカウントストア
ドラッグストア
売上金額
5777億ドル
6217億ドル
2518億ドル
前年比
+3.0%
+5.7%
+5.7%
構成比
40%
43%
17%
既存店舗売上成長率
+1.6%
+3.6%
+3.5%
純利益率
1.3%
2.0%
1.4%
平均店舗面積
1280坪
3076坪
308坪
店舗平均売上
16.0百万ドル
30.1百万ドル
7.8百万ドル
坪当り売上
12,492ドル
9,792ドル
28,908ドル

【米国小売企業売上高ランキング2011】
順位
売上高
($百万)
前年比
(%)
最終利益高
($百万)
前年比
(%)
既存店
成長
 1)ウォルマート
446,950
6.0
16,387
-4.2
1.6
 2)CVSケアマーク
107,100
11.8
3,461
1.0
2.3
 3)クローガー
90,374
10.0
602
-46.1
4.9
 4)コストコ
88,915
14.2
1,462
12.2
10.0
 5)ウォルグリーン
72,184
7.1
2,714
29.8
3.3
 6)ホームデポ
70,395
3.5
3,883
16.3
3.0
 7)ターゲット
69,865
3.7
2,929
0.3
3.0
 8)ベストバイ
50,705
0.9
-1,231
-196.4
-1.7
 9)ロウズ
50,208
2.9
1,839
-8.5
0.0
10)アマゾン
48,077
40.6
631
-45.2
n/a

 ページの先頭へ


Copyright (C) Drugstore-Kenkyukai. . All Rights Reserved.